FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

母島(乳房山)

  

  

S-IMG_1048.jpg   S-IMG_1049.jpg

元地集落の一番奥に母島最高峰である乳房山(標高463m)への遊歩道の起点がある。

   

   

S-IMG_1050.jpg   S-IMG_1051.jpg

S-IMG_1054.jpg

この遊歩道はずっと適当に樹木に覆われているため強い日差しが遮られて助かった。

日差しをもろに浴びると3倍くらい疲れるものである。

また傾斜も平均的にそれほどキツくなく足元も悪くないのでノンビリ上ることができる。

      

S-IMG_1055.jpg

戦時中の壕。道脇からすぐわかるものだけでも何箇所もあった。

   

S-IMG_1057.jpg   S-IMG_1058 -59P.jpg

爆弾でできたスリバチ状の大きな穴の脇を通っていく。

   

S-IMG_1061.jpg

   

S-IMG_1064 -66P.jpg

右に大谷を見下ろしながら尾根部を上っていく。

    

S-IMG_1076.jpg   S-IMG_1079.jpg

見事に木根の発達したガジュマルとタコノキ

   

S-IMG_1080.jpg   S-IMG_1082.jpg

   

   

S-IMG_1083.jpg   S-IMG_1131.jpg

山頂に到達。わりとゆったり上って1時間20分くらいで上ることができた。

   

S-IMG_1089 -92P.jpg

山頂の展望台から見た東海岸の風景は絶景だった。断崖絶壁から海風が強烈に吹き上げてきていた。

   

S-IMG_1109.jpg

比較的新しいと思われる大規模なガケ崩れ跡が見られる。

   

S-IMG_1112 -14P.jpg

西側の風景。左下に沖港と集落が見える。

遠くには向島、平島、姉島、妹島、姪島なども一望できる。

S-IMG_1126.jpg

沖港と集落。

   

S-IMG_1128 -29P.jpg

北の堺岳や石門の方面の眺望。

    

下りは上りルートとは別の剣先山を経由するルートで下った。

S-IMG_1180.jpg

   

S-IMG_1191.jpg

少し下ったところから先ほどの大きなガケ崩れがよく見えた。

   

S-IMG_1192 -94P.jpg

細長く伸びた母島南端部とそれに続く島群を正面に見ながら下る。

   

S-IMG_1198.jpg

   

S-IMG_1199.jpg   S-IMG_1200.jpg

このルートにもいくつもの壕口が点在する。

S-IMG_1201.jpg

   

S-IMG_1202.jpg

S-IMG_1203.jpg S-IMG_1205.jpg S-IMG_1206.jpg

壕の内部。少しだけ入ってみた。

  

  

S-IMG_1211.jpg   S-IMG_1212.jpg

塹壕というのは地下壕とは違って線状に彫られた溝である。深さは1〜2mである。

S-IMG_1214.jpg

砲身は既に無いが高射砲の跡だろうか。

   

S-IMG_1215.jpg

だいぶ標高を下げた。もう元地集落は目前である。

   

S-IMG_1219.jpg

ハハジマメグロは結構よく見られる。小さいが目の下の逆三角形の黒い模様が目立つのでわかりやすい。

かなり人の近くに来る場合もあるが、小さい上によく動き回るので撮りづらい。

   

S-IMG_1221.jpg   S-IMG_1220.jpg

いくつもの壕が残る。ポカリスエットの空き缶投げ込むなよ>_<

   

S-IMG_1222.jpg

      

S-IMG_1223.jpg   S-IMG_1225.jpg

元地に戻ってきた。ゆっくり下ったので1時間半かかった。

S-IMG_1226.jpg

    

    

back.gif