家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

ニュージーランド ・ その2

(テカポとマウントクック)

NZ2-D_4.jpg

 これはクライストチャーチから南へ伸びる国道1号線。

 ニュージーランドにはごく一部を除いて高速道路が無い代わりに一般道路は制限速度100kmである。民家も車も少なので。

 片側1車線でみんな110kmくらいで飛ばしている。90kmで走ってても後から煽られる。

 しかもみんなバンバン追い越しとかする(もちろん反対車線に出て)

 慣れるまでかなり恐いもんだ。

NZ2-E_3.jpg

 これはクライストチャーチから南西へ200kmほど行ったところ。既に1号線は外れて山間部へ入っている。
 BURKE峠というあたり。

 ここまで来るとほとんど車も行き交わない。

 道端にルピナスという赤紫色の花がいっぱい生えててきれいだ。

NZ3-A_1.jpg

 これはテカポという町の外れ。

 夕暮れのテカポ湖畔。

 静かなテカポ湖のほとりには古い石積みの教会がポツンと見える。

NZ3-A_2.jpg

同じ。

山に雲が低くたなびいているのがきれいだ。

NZ3-B_4.jpg

 これはさっきの教会。

 ”良き羊飼いの教会”というらしい。

 教会の奥には普通はステンドグラスがあるもんだが、ここはその代りに湖の風景が広がる。

 いわゆる借景というやつかな。

NZ3-A_3.jpg

テカポ湖に夕闇が迫る。

NZ3-B_2.jpg

 テカポから更に奥に未舗装の道を走っていくとアレクサンドリナ湖という小さくて超静かな湖で行き止まる。

 その帰り道、とてつも無くきれいな自然の光が創り出す色彩美を見た。

 夕陽に染まる地平線から空に向かって青い色が深みを増す。見たこともない美しさ。

 全くの静寂の中、誰かに見られることを期待もせずただ黙々と美しいシーンをかもし出すのであった。

NZ3-B_3.jpg

  写真でだけではなく、本当にこんな色だったのである。

 またニュージーランドは緯度が高いので、夏は日がやたら長い。これは夜10時ころなのだ。

 右側は牧場の木サク。

NZ3-C_1.jpg

テカポから数10kmほど走るとプカキ湖という湖に出る。

これはその途中で見た牧場のある風景。

遠くに山を見てどこまでも平原を走る。

NZ3-C_3.jpg

 プカキ湖。

 ここから湖岸道路を走って湖の一番奥にあるマウントクックを目指す。

 はるか奥の中央に見えるのがマウントクック。

NZ4-A_4.jpg

 プカキ湖の湖水は鉱物の影響からかその色はまさに”すごい色”である。

 日本にもこういう色の湖はあるが。

NZ4-A_2.jpg

プカキ湖岸道路にて。

この道路は本当に景色がいい。

NZ3-C_4.jpg

マウントクックが近くなってきた。

NZ3-C_5.jpg

 後を振り返る。

NZ3-C_6.jpg

 道路が終わったので、車を捨ててマウントクックがよく見えるところまで歩いて行くことにした。

NZ3-D_2.jpg

Kea Point という地点まで歩いて来た。

NZ3-D_5.jpg

ここからマウントクックがよく見える。

富士山と同じくらいの高さの山。

ニュージーランド最高峰。

NZ3-E_1.jpg

 これは近くの氷河。一面に茶色に見えるのは全部氷河なのだ。表面に土砂がかぶっているだけである。

 その下はぶ厚い氷の層なのだ。

インデックスへ