家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

ニュージーランド ・ その4

(ゴア〜テ・アナウ)

NZ5-B_5.jpg

アレクサンドラを後になおも南へと走る。

なだらかで緑豊かな平原を進む。

NZ5-C_1.jpg

とても広い牧草地。

NZ5-C_3.jpg

道は続く。

NZ5-C_4.jpg

遠くに牛の集団が見えた。

NZ5-C_5.jpg

写真を撮ってると恐る恐る近寄ってきた。

みんなこっちを向いてる。

しかしこれ以上は近寄ろうとしなかった。

NZ5-D_3.jpg

 

 これはゴアの街。

 こじんまりしてて絵になる。

 ここはもう南島でもほぼ最南端に近い街。

 要するにニュージーランドで最も南に近い所なんである。

 もう少し南へ行くと最南端の町インバーカーギルなのだが時間の都合で行けなかったのが残念だった。

NZ5-D_6.jpg

ゴアから北西へ進路を変え、テ・アナウへ向う。

広い平原に大きな河が悠々と流れる。

NZ5-E_2.jpg

たくさん羊が群れている。

NZ5-E_3.jpg

”これぞニュージーランドの風景”という気もする。

NZ6-A_2.jpg

 テ・アナウに到着した。

 ここはフィヨルド観光のベースとなる街である。

 テ・アナウ湖に面しており活気のある街である。

 この街には貴重な鳥を集めたワイルドライフセンターがある。

 これは”タカヘ”という貴重な飛べない鳥。

 ニュージーランド版ヤンバルクイナ!

NZ6-A_3.jpg

 テ・アナウから湖の対岸へ船で渡ると洞窟がある。

 ここにはツチボタルという洞窟の中で光を放つ虫がいる。

 その数というと真っ暗闇の洞窟におびただしい数なのである。プラネタリウムのようなのだった。

 これは洞窟前から撮った暮れのテ・アナウ湖。

NZ6-B_2.jpg

 いわゆるバックパッカーズと呼ばれる安宿。通称バッパーという。

 ここは小高い丘の上にあり素晴らしいバッパーだった。

 眺めも素晴らしいが部屋も最高だった。

NZ6-B_1.jpg

 これが室内。コテージ風で室内にキッチン、バス・トイレ、テレビ、ピアノがある。ドミトリーなので原則的に他の客と相部屋もあり得るのだが、ほとんど客はおらず、この広い部屋を友達と二人で独占したのだった。

 宿泊代というとこれで一人1,000円ちょっとなのでビックリである。

(バッパーはどこもこれくらいで泊れるけど狭くて相部屋のことも多い)

インデックスへ