FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

ニュージーランド ・ その8

(フォックス氷河〜アーサー峠)

NZ11-C_3 Paringa.jpg

Haastから西海岸を北へ進む。

これは、Paringa湖

NZ11-C_4 Blue Bay.jpg

Blue Bay。

西海岸はどこもこのように素朴である。

NZ11-C_6 Liver cook.jpg

Liver cook。

サザンアルプスの氷河から流れて来る河。

NZ11-D_6.jpg

有有名なフォッスク氷河。

NZ11-D_1.jpg

氷河の下を溶けた水が流れている。

NZ11-E_1.jpg

 マセソン湖。

 この日は風で波が立っていたが、静かな日は鏡のような湖面に山が映えてめちゃきれいらしい。

NZ12-A_2.jpg

フランツジョセフ氷河から流れてきた河。

夕闇が迫る。

NZ12-B_3 .jpg

 Fox氷河村でのカウントダウンパーティー。

 これはちょうど1月1日を迎えた瞬間でみんな踊り狂っている。

NZ12-B_5.jpg

 夜遅くに大勢の人が踊っているのは一種異様な気もする。

 老若男女が Highになって踊っていた。

NZ12-C_3.jpg

Okaritoの原始的な海岸。

波が海岸に荒々しく打ち寄せる。

NZ12-C_4.jpg

 Okaritoの桟橋跡。

 かつては大桟橋があり大型船が行き来し、人も大勢住んでいたが、今はすっかり寂れた田舎街になっている。

 更に大昔にはクック船長が立ち寄ったという歴史もある。

 桟橋後の木杭が残っていて、その上にボロい資料館が建てられている。

 かつて栄えていた頃の写真が残る。

「Return to the Wild of Okarito」と書いていたのが印象的だ。

 直訳すると「オカリトの、自然への逆戻り」である。

 自然を開拓して街が繁栄し、そしてまた寂れて前のような自然に戻った・・・ということを簡単に表現しているのである。

NZ12-D_2.jpg

Hokitikaの街

NZ12-D_3.jpg

       同 左

NZ12-D_4.jpg

 道路・鉄道併用橋。

 1日に1本貨物列車が通るかもわからない。

 Hokitika〜Greymouth

NZ12-D_5.jpg     NZ12-D_6.jpg

 Moanaのキーゥイハウスにて。ここは探偵ナイトスクープの"パラダイス"に出れそうなちょっと冴えないテーマパーク。でもエサを買っていろんな動物に手から食べさせるのが面白かった。この写真の動物は別にニュージーランドの動物ではない。ただしケガをして保護されたキーゥイを見ることができる。(暗くて撮れなかった)

NZ12-E_1.jpg

 西海岸のHokitikaから陸地を横断して東海岸のクライストチャーチへ戻るのである。

 再びサザンアルプスが立ちはだかるのである。

 アーサーズ峠という峠を超えていく。

 これは峠の付近。

NZ12-E_4.jpg

アーサーズ峠を超えて平原が広がる。

NZ12-E_6.jpg

クライストチャーチへ向かって坂を下っていく。

NZ12-F_2.jpg

河に沿って高度を下げていく。

NZ12-F_3.jpg

Darfieldの街。

もうクライストチャーチも近い。

NZ12-F_5.jpg

久しぶりにクライストチャーチに戻って来た。

これは最後に見たクライストチャーチの夜景である。

インデックスへ