家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
楽天市場

5月4日(日)〜5日(月)(10〜11日目)帰邦

  

 さて、飛行機は予定より30分ほど早く6時にアトランタに着いた。
 さすがに朝早いのでこないだのように入国審査が長蛇の列というわけでなく、すんなり入国できた。
 ちなみにここではトランジットと入国の区別が無く、着いたら皆入国審査を受けて一旦入国するシステムだ。

 

 ここでキャッシュディスペンサーがあったので試しにクレジットカードでキャッシングできるかどうか試してみた。別に今金が必要でも無いんやが。
 表記は英語なのでちょっとわかりにくいが2枚のカードのうち1枚はなぜかはじかれ、もう1枚は受け付けてくれたが、その後がうまくいかなかった。
 「スピードシャッシング」というのが正解だと思うがダメなので他の選択肢の組み合わせも全て試したが全然出てこない。

 ムキになって何台かの異なる機械で試したが一向にダメだった。はぁ・・

 やっと冷静になって町へ出ることにした。しかし、こんなことではいざお金が必要な時マズいではないか・・
  

s-IMG_1777.jpg

 空港前。

s-IMG_1780.jpg

 国内線のバゲッジクレーム。

s-IMG_1781.jpg

 メトロに乗って市街へ向かう。もう8時前になっていた。

s-Img_1782 -1783.jpg

 空港駅から見た空港駐車場。向うは広い土地が広がっていた。

s-IMG_1784.jpg

 車窓から。

  

s-Img_1786-05.jpg

 またファイブ・ポイント駅に来た。

s-IMG_1787.jpg

 こないだは駅の東側を見たので今回は西側へ行った。

s-IMG_1788.jpg

 橋からメトロ東西線(多分)を見る。町で一番賑やかな駅であるがちょっと裏を見たらこんなに寂れた風景がある。まあ日本でもそういう所も多いか。

  

s-Img_1789-05.jpg    s-IMG_1790.jpg

 その橋から見た風景。

  

s-IMG_1791.jpg

 アメリカ人はモニュメントが好きなようで、いたる所にあった。

s-IMG_1792.jpg

 有名なCNNセンターのビルが見える(赤い文字でCNNと書いてる)

s-Img_1793-05.jpg   s-IMG_1794.jpg

 空港でムキになって1時間以上ディスペンサーと格闘したせいで市街の滞在時間はわずか30分弱だった。

  

s-IMG_1796.jpg

 帰りのメトロの車窓より。ファイブポイントからほんの数分でこのような郊外的風景になる。
 ファイブポイント辺りの高層ビル密集地はオフィス街でこっちは生活の場なんだろう。

  

s-IMG_1797.jpg

 空港のすぐ手前。・

  

 さて、空港に戻ってきたのは9時10分ごろだった。10:15発の飛行機まであと1時間。
 チェックインはサンチアゴでまとめて済ませていても当然出国手続きは必要である。

  

 さて、空港でまだ少し時間があったので再びディスペンサーに戦いを挑んだ。
 何回かやって「スピードキャッシング」でやっと最低金額20ドルの引き出しに成功した。
 「スピードキャッシング」ならさっきも何回もやったと思うんだが・・ 出たり出なかったりするとは不思議だ。

  

 帰りの飛行機は行きと同じMD−11型機。座席は2列−5列−2列。
 自分は右の窓側だった。

 地球の自転方向と逆に飛ぶためアトランタ5月4日10:15発→成田5月5日13:25着。
 翌日になるのは日付変更線をまたぐからとして、14時間強のフライトにもかかわらず約3時間しか太陽との位置関係が変わらないことになる。
 だからフライトの間ずっとバリバリに明るいのであった。

 それで途中は窓のシェードを一斉に閉めて擬似的に夜を作って長い睡眠タイムとなる。時差ボケ防止のために寝れるだけ寝るという原則のようだ。

 13:40ごろデルタ航空機は成田に着いた。  完

s-IMG_1803.jpg s-IMG_1805.jpg

    

チリ・インデックスへ戻る