家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

10月25日(土)〜26日(日)(8〜9日目) ダル・エス・サラーム、帰国編

  

IMG_1382-s.jpg IMG_1383-s.jpg

 寝ぼけていたらどこかのバスターミナルに着いた。モロゴロらしかった。もうダルエスサラームまでの道程の6割ほど来ている。
 ここで別なバスに乗り換えさせられる。

 ドドマのバス会社の人間がこっちのバス会社の人間にそれなりの金を払って託したようだ。
 どうせ帰りは空で走らないといけないからそのほうが得なのであろう。

 

IMG_1384-s.jpg

 車窓より。久々に山を見た気がする。道路は首都ドドマと最大の都市ダルエスサラーム間というのに未舗装部分もたくさんあった。
 工事中の箇所もあったようなのでこれから舗装が進むのだろう。

 車は満員で暑くてしょうがないので窓を少し開けて風を入れたら、前に座っていた恰幅のいいおばちゃんにすぐにバシっ閉められてしまった。

  

IMG_1385-s.jpg

 9:50ごろダルエスサラームの郊外のウブンゴバスターミナルに着いた。

 

IMG_1386-s.jpg

 取りあえず朝飯を食う。

IMG_1387-s.jpg

 バスターミナルと言ってもちょっと整備されていない。雨が降った後なので水溜りがたくさんできていて湿気も高かった。
 ターミナルを撮るのは本来禁止である。

 

 さて、時間が少しだけ余裕があるので、見所を「民族博物館」と「大西洋」の2つだけに絞ることにした。
 取りあえずタクシーで民族博物館へ。

 途中タクシーから写真を撮ろうとしたら気のよさそうな初老の運ちゃんだったが「写真を撮るときは気をつけなさい」というようなことを言っていた。
 撮られたくない人が多いからという意味か撮影禁止物が多いからかはよくわからなかった。

  

IMG_1389-s.jpg

 民族博物館に来た。ここにはタンザニア各地の家屋が展示してある。家屋を見るのは楽しいものだ。

 そのタイプの家屋の分布する地域やその他説明が英語併記していたがあまり時間が無いので読む暇がなかった。

IMG_1388-s.jpg IMG_1391-s.jpg

 中庭のある家。

IMG_1393-s.jpg

  

IMG_1394-s.jpg

IMG_1395-s.jpg

 これは鉄を溶かすための釜だとか書いていたと思う。

IMG_1396-s.jpg IMG_1397-s.jpg

 アフリカの伝統絵画であるティンガティンガ派の伝統を守る画家。
 民族村内で自分が描いた絵やハガキ、作った工芸品などを売っている。

IMG_1398-s.jpg IMG_1399-s.jpg

 

560-Paint-Card-1.jpg 560-Paint-Card-2.jpg 560-Paint-Card-3.jpg

 買った絵葉書。

IMG_1476-s.jpg

 買った絵。あまり気が進まなかったが寄付のつもりで買った。

 

IMG_1400-s.jpg

 船

IMG_1401-s.jpg 

IMG_1402-s.jpg   IMG_1403-r-s.jpg

 何かの小屋。

IMG_1404-s.jpg IMG_1405-s.jpg

 いろいろなタイプの家屋がある。こういうタイプの家は風通しが割とよいので中はそれほど暑くなかった。

IMG_1406-s.jpg IMG_1407-s.jpg

IMG_1408-r-s.jpg

  

IMG_1409-s.jpg IMG_1410-s.jpg

   

IMG_1411-s.jpg IMG_1412-s.jpg

 英語を読んでもよくわからない。

 

IMG_1413-s.jpg IMG_1414-s.jpg

  

IMG_1415-s.jpg IMG_1416-s.jpg

IMG_1417-s.jpg IMG_1418-s.jpg

 雰囲気を出すためにわざわざナベをセットして火まで炊いているのか? と思ったらメンテの人が茶を飲むために湯を沸かしているものらしかった。

  

IMG_1419-s.jpg IMG_1420-s.jpg

 この土製の家は風が通らないのでとても暑かった。使い物になるんかいな?

IMG_1421-s.jpg 

IMG_1422-s.jpg IMG_1423-s.jpg

IMG_1425-s.jpg

  

IMG_1427-s.jpg

IMG_1428-s.jpg   IMG_1429-r-s.jpg

 

 一角が芸術家村のようになっていて何人かがいた。

 他にもパームの皮を使ってハガキに張った芸術をやっている人などもいた。
 これも寄付のつもりで何枚か買った。なかなか雰囲気のいい図柄である。(一番左の絵は「出産」らしいです)

560-Coconut-Card-1.jpg  560-Coconut-Card-2.jpg  560-Coconut-Card-3.jpg  560-Coconut-Card-4.jpg

  

IMG_1430-s.jpg 

  

IMG_1431-s.jpg IMG_1432-s.jpg

IMG_1433-s.jpg

IMG_1434-s.jpg

 これは、国内の農耕・狩猟・漁労・放牧など民族の分布を描いた図。

 

IMG_1435-s.jpg

 民族村の入口。

   

 さて、民族村からまたタクシーで町中心部付近の海岸を目指す。

IMG_1437-s.jpg

 海だ! これが生涯で初めて見たインド洋。

IMG_1438-s.jpg IMG_1439-s.jpg

 

IMG_1441-s.jpg IMG_1442-s.jpg

 中心部の海岸部へ。ここは人が多くタムロしていてとても落ち着かない。それにどれが撮影禁止かもよくわからんし。

IMG_1443-s.jpg

  

IMG_1444 -1445P-s.jpg

 これは明らかに撮影禁止の海岸。誰かが声をかけてきたので手っ取り早いのでその男を盾にして写真を撮った。
 一応その男に「撮影禁止か?」と聞くと「俺と一緒にいたら少しくらい大丈夫だ」と言っていた。

 実はバスターミナルでも同じことを言われてそこでは断ったんだが。

 これら男が近づいてくるのは明らかに小遣い銭欲しさのためである。

 右向こうに工業港がある。
 正面には日本人が作った魚市場があるとか言っていた。

    

 その男に空港方面行きダラダラ(ケニアではマタツという)も捕まえてもらった。ダラダラは行き先表示が無いので外人にはまずわからない。
 タクシーでもそれほど料金は高くないがダラダラで行くのもオツなものである。
 例の男にはちゃんと小遣い銭をあげた。写真も撮れたしダラダラも捕まえてもらった。

 乗ったダラダラは満員で立つことになった。
 料金はたったの300シリング(30円)である。

 空港行きで無いので途中で降りた。

IMG_1446-s.jpg

 空港前で降りた。乗ったやつはすぐに走り去ってしまったが別なダラダラがまた止まっている。

 

IMG_1447-s.jpg IMG_1448-s.jpg

 空港までほんの300mほど。

  

IMG_1449 -1450P-s.jpg

 出発ロビー。こじんまりしていて客も閑散としている。多分今ここにいるのは俺が乗る飛行機の客だけなんだろう。
 便数が少ないのである。

IMG_1451-s.jpg

 乗り込む。客はわずか2割ほどだった。

IMG_1452-s.jpg IMG_1453-s.jpg

 離陸してすぐ。ダルエスサラームの町が眼下に見えた。右の写真の海岸に入り江状の部分が見えるが、さっきいた工業港の見えるダラダラ乗り場前である。

IMG_1454-s.jpg IMG_1455-s.jpg

 もう少し行ったところ。ムササニ半島が見えた。

IMG_1456-s.jpg

 しばらく海岸製沿いに飛んで内陸へ向かう。この辺りの海はとてもきれいだった。

IMG_1457-s.jpg

 機内食。

IMG_1458-s.jpg

 雲が厚かった。キリマンジャロ上空とかアナウンスがあったがどれがキリマンジャロかわからなかった。
 これは左に見えた峰だがキリマンジャロかどうかわからない。

 

 ナイロビからは客がどっと乗り込んできて超満員になった。

IMG_1459-s.jpg

 ドバイで乗り換え。2時間しかないし深夜なのでもう入国しなかった。

IMG_1460-s.jpg IMG_1462-s.jpg

 

IMG_1464-s.jpg

 関空に到着。夕陽がきれいだった。

  

  完

   

  

タンザニア・インデックスへ戻る